第159回(平成26年9月9日)

>>目次

花鳥風月


 昨日は中秋の名月、今日( 9 月 9 日)は満月。 30 年に一度の月が大きく見える天体ショーの月夜だそうだ。お月見ダンゴが欲しくなる。

 締切日がないと、何事においても人間は楽な軽い方に流されるものだ。このコラム執筆は、勝手に書いて自己満足しているだけで締切日が無いので、ついつい忙しさや気分が乗らなかったりで、先延ばしになってしまう。不思議だがやはり期限を決めて、けじめを付けることが、職業としての文筆家であろうとなかろうと気合の入り方が違うものだ、と考えるようになった。今頃、感じるのは遅いと言われても仕方ないかな…。

 先日、よく当たる天気予報では、前線が通過するが雨はたいしたことはないということだったが、高松自動車道の高速を走行中大雨が行く手を遮るほどの雨で、ワイパーが追いつかず前が見えず上下一車線部分の走行は、疲れたし怖かった。しかし、宿に着いたら一年ぶりに元気に来れたと喜んだ。年々歳を重ねているが…。

88 ヵ所遍路の旅(楽しみの気分と健康維持のため)は修行のためではなくて、生きている証と捉えたい。いやいやだったら時間とお金をかけて行くことは無いからだ。今年は、あと数回で全部遍路できる予定だが、札所には難所もあるから気はゆるめられない。でもやはり楽しみがある。気分はすでに病気状態に陥っているのだが…。

 先日、友人が岡山経由で出張するとのことだったから、大原美術館と美観地区を案内した。また、駅北のアウトレットやイトーヨーカドー(アリオ)の入店している商店街を少し、歩いたが広そうで全部は無理だ。岡山イオンができれば、倉敷辺りの店舗等との競争が始まるだろう。消費者としては大いに結構なことである。安価になるし、集客の為にあの手この手を考え出すから、それも楽しみだ。岡山駅地下街(エキチカ)も少し歩いたが迷路のようでどうなっているのかよく分からなかった。それなりのお客さんはいたが、それ程多いとは思わなかった。 JR 本体のみが高値の地代で儲かっているように思われた。気のせいかと思うが…。

   岡山にイオンが進出するに際して、岡山の業者の中には多くが入店を希望したようだが、本来の在来の岡山の店舗はどうするのでしょうか?まさか既存店を見捨てたのではないでしょうね。反面、他店(天満屋等)でやっているブランド店舗を引き抜くことを考え、交渉したようだが、移転しなかった店もあるから、それぞれに、いろいろな考え方があって宜しいのではないでしょうか!とにかく、競争することはよいことだ。頭を使って新しいことを考えて、生き残りを考えて安売りをするようになる。購買者としては良いことである。独占企業的な仕事(店舗)は進歩がなくて互いに宜しくない。競争のあるところに知恵がわき、進歩がある。とにかくガンバッテほしい。  

  

株式会社 馬場総合鑑定所

馬場 勉

 

 Copyright (C) 2010 babasogokanteisyo, inc. All Rights Reserved.