第80回(平成23年11月22日)

>>目次

一息入れていました!


 仕事や雑事に追われて、このコラムの執筆がのびのびになっていました。不思議なもので継続して書いていますので、時間が経てば、書かなければという強迫観念に駆られます。一服する時があってもよいかと思いますが、いかがでしょうか?

 暖かい日が続いていたので、急に平年並みの気温になったため寒さが堪えた昨日今日です。冬用のオーバーがほしいところです。今年は、モミジなどの紅葉を見る余裕もなく、日々が経ちました。

 秋の実りの柿(かき)・みかん・梨(なし)など出回っています。かたい柿をかぶりつくのが好きです。自分の歯が、しっかりしていますからできることです。入れ歯を入れた友人の話では、熱さや冷たさが喉元に近づかないとわからず、硬いものは噛めず味がよくわからないそうです。

 年をとって怖いのは、虫歯より歯槽膿漏だそうで、歯槽膿漏は血管の病気が、原因になることが多いようだ。糖尿病などに注意が必要です。

 最近、感動をうけたいい話がありホットしました。忠犬ハチ公ではないが、北海道で河川敷に転落した車で、雪の降るなか愛犬のラブラドール・レトリバーという種類の犬が 3 才の子供を温め続けて救ったという話題です。犬は恩を忘れないといわれています。ラブラドール・レトリバーは、大型犬で体温は 39 度程あるらしく子供の体を温めるには適している。もともと寒い地方の犬で、捜索犬としても貢献しているようですから、お友達感覚の子供を愛犬が助けた心温まるいい話でした。

 また、今年初め世間を驚かせた林原の会社更生法適用問題が、林原更正計画案提出にこぎつけた。弁済率が異例の高水準の 92 %を超えることになった。さすが林原である。

 いまだ、処分できていない土地などが残っているから、これらを加算すれば、ほぼ債務は完済できて満足されるであろうと思われます。

 若干、債権を放棄させられたとしても、長い間の取引で金利を受け取って稼いでいたのだから、満足しなければならないだろう。まずは、めでたしめでたしというところでしょう。これからの岡山駅前再開発などにより、岡山の発展のために貢献してもらえれば、岡山にとってもよいことだと思われます。

 林原健さん靖さんご苦労様でした。まだ終わったわけではありませんが、ひとまずよい結着をみることになりそうです。

 追伸。 来たる平成 24 年の大型カレンダー(横 51cm 縦 76cm )が出来上がってきました。「自今生涯」を読んでくださっている皆様で、御利用していただけるようでしたら、御送付させて頂きます。好評で人気のあるカレンダーです。住所・氏名など宛先を電話( 086 ‐ 222 ‐ 6591 )あるいは FAX ( 086 ‐ 223 ‐ 5839 )もしくはコラムの最初の題名の所にある感想文を書くところに記入して下されば幸いです。よろしくお願い致します。

 

   

株式会社 馬場総合鑑定所

馬場 勉

 

 Copyright (C) 2010 babasogokanteisyo, inc. All Rights Reserved.