第10回(平成22年4月9日)

>>目次
完全養殖に成功

 画期的なニュースで嬉しかった。ウナギの完全養殖に世界で初めて成功したことだ。まぐろは、すでに完全養殖に成功しているから、研究が重ねられながら残されていた最大の課題はウナギの完全養殖だった。大変な出来事である。これからはうなぎの安定供給ができるうえ、安い値段で国民が安心して食べられる。需給バランスは維持され市場は安定するだろう。資源保護にも貢献できる。

 従来は、シラスウナギという稚魚をすくいとってそれを大きく育てて親ウナギにしていた。昨今はシラスが激減している。また、中国産のウナギが大量に輸入されているが安全性に不安がある。日本人が食べるものは、日本で生産して自給力を高めること。それへの道が開けたので非常に良いことです。完全養殖は、人口孵化させて親ウナギにして世代間で人口孵化させるという循環が継続できること。完全養殖したマグロは結構いけるという評価だから、ウナギでもいいものになるはずである。日本の技術の高さが証明された。食に関するノーベル賞級に値する技術開発であることは疑いがない。

 

株式会社 馬場総合鑑定所

馬場 勉


 Copyright (C) 2010 babasogokanteisyo, inc. All Rights Reserved.